IEEE TENCON 2016において研究成果を発表

【宇津研ニュース】2016年11月24日(木):
シンガポールのマリーナベイサンズで開催されている、国際会議 IEEE TENCON 2016 において、4件(共著含む)の発表を行いました。宇津研究室からは、大学院修士課程2年の眞中絢美さんと宇津が発表を行いました。眞中さんの学会参加費・旅費については、NEC C&C財団国際会議論文発表者助成の支援をいただきました。石井研究室からは寺尾祐人さんが発表を行いました。

Keisuke Utsu, Rie Abe, Ayami Manaka, Akio Ogata, Yoshiro Yamamoto, Hiroshi Ishii, Osamu Uchida,
“T-@npi: A Twitter-Based Safety Confirmation System”,
IEEE TENCON 2016, Paper ID: 385, Nov. 2016

Keisuke Utsu, Rie Abe, Ayami Manaka, Mana Tsutsumi, Ayaha Suzaki, Osamu Uchida, Hiroshi Ishii,
“T-c@re: A Twitter-Based Status Monitoring System”,
IEEE TENCON 2016, Paper ID: 386, Nov. 2016

Ayami Manaka, Shiori Kodama, Akio Ogata, Osamu Uchida, Yoshiro Yamamoto, Hiroshi Ishi, Keisuke Utsu,
“Collection of Disaster-related Information by Focusing on Twitter Posts Immediately after Retweeting Announcement Posts”,
IEEE TENCON 2016, Paper ID: 388, Nov. 2016

Yuto Terao, Keisuke Utsu, Hiroshi Ishii,
“A Proposal on Void Zone Aware Greedy Forwarding Method over MANET”,
IEEE TENCON 2016, Paper ID:343 , Nov. 2016