電気学会通信研究会において5件の発表(石井研・宇津研)

【宇津研ニュース】2016年1月28日(土):
九州大学箱崎キャンパス(福岡市)で開催された電気学会通信研究会において、石井研究室と宇津研究室の学生が計5件の発表を行いました。

宇津研からは、大学院生の眞中さんが「マルチホップ無線LANにおけるBBISSを用いた放送型音声ストリーミングの検討」、4年生の児玉さんが「告知投稿のリツイート直後のツイートに着目した災害関連情報の収集」の題目で発表を行いました。

発表題目
●眞中絢美,石井啓之,宇津圭祐,”マルチホップ無線LANにおけるBBISSを用いた放送型音声ストリーミングの検討”, 電気学会資料通信研究会 CMN-16-001~014, pp. 13-18 CMN-16-003, 2016年1月
●児玉史緒里,眞中絢美,内田理,石井啓之,宇津圭祐,”告知投稿のリツイート直後のツイートに着目した災害関連情報の収集”,電気学会資料通信研究会 CMN-16-001~014, pp. 19-23 CMN-16-004, 2016年1月

石井研究室からは、大学院生の小林さん、4年生の笹谷さん、寺尾さんが発表を行いました。

201601_cmn_manaka

 

201601_cmn_kodama