電子情報通信学会論文誌Bに掲載

電子情報通信学会論文誌Bに掲載されました。

あらまし:
大規模災害の発生に伴い,通信インフラが長時間利用不能となる事態が発生する.このような状態において,避難指示や被害情報の配信を,音声ストリーミングで配信を行うことは現状では非常に困難である.本論文では,通信インフラを利用せず上記の配信を行うことを可能とし,かつ高信頼・高効率に実現する方法として,各端末のアドホックモードの利用を基本とした放送型情報共有方式(Broadcast Based Information Sharing System: BBISS)を用いた新手法を提案している.本論文では,提案方式をネットワークシミュレーションにより評価し,その有効性を示している.