学生の活躍(在学生)

在学生の研究業績について掲載しています。ここでは本人が発表したものを掲載しています。

 

阿部満里子

情報通信学部通信ネットワーク工学科

  • 国際会議発表 アルビ(フランス)
    Mariko Abe, Ayami Manaka, Osamu Uchida, Keisuke Utsu, “Twitter-based T-@npi Safety Confirmation System for Disaster Situations”, 14th International Conference on Information Systems for Crisis Response and Management (ISCRAM 2017), May 2017

 

  • 国内学会発表 名古屋
    阿部満里子,眞中絢美,内田理,長幸平,宇津圭祐,”Twitterを用いた災害時安否確認システムT-@npiの改良”,2017年電子情報通信学会総合大会,A-19-8,2017年3月

 

西川修史

情報通信学部通信ネットワーク工学科

  • 国内学会発表 仙台 予定
    西川修史,大塚湧斗,内田理,宇津圭祐,”Twitterを用いた位置情報記録・救助要請発信のためのWebアプリケーションの試作”,電子情報通信学会ICTSSL研究会,2017年5月

 

須崎綾巴

情報通信学部通信ネットワーク工学科

  • 国内学会発表 名古屋
    須崎綾巴,堤雅菜,眞中絢美,染谷拓巳,小野寿平,児玉史緒里,内田理,宇津圭祐,”熊本地震におけるニュース投稿のリツイート後の投稿に着目した災害関連情報の収集”,2017年電子情報通信学会総合大会,A-19-9,2017年3月

 

徳永柊作

情報通信学部通信ネットワーク工学科

  • 国内学会発表 名古屋
    徳永柊作,澁谷樹,眞中絢美,中振弘貴,阿部満里子,内田理,宇津圭祐,”熊本地震におけるニュース投稿のリツイート後の投稿に着目した災害関連情報の自動収集に関する考察”,2017年電子情報通信学会総合大会,A-19-10,2017年3月

 

尾形秋生

大学院情報通信学研究科情報通信学専攻(修士課程)
2016年3月 情報通信学部通信ネットワーク工学科 卒業

  • 国内学会発表 仙台
    尾形秋生,眞中絢美, 櫻井邦彦,堤雅菜,須崎綾巴, 阿部りえ,内田理,石井啓之,宇津圭祐,”Twitterを用いた災害時安否確認システムの構築と通信インフラ不能時利用への展開”,電子情報通信学会技術研究報告,vol. 116, no. 92, ICTSSL2016-6, pp. 23-28,2016年6月
  • 表彰
    情報通信学部長賞(国際会議IEEE TENCON 2015における研究発表)

  • 国際会議発表 マカオ
    Akio Ogata, Hirohide Matsuzaka, Hayato Taniguchi, Masaya Nomoto, Ayami Manaka, Koichi Saito, Minoru Fukuzaki, Hiroshi Ishii, Yasuhiro Nozawa, Keisuke Utsu,
    “Prototype Development and Performance Evaluation of Wireless LAN Access Points for Community Information Network”,
    IEEE TENCON 2015, PID:524, Nov. 2015
  • 国内学会発表 函館
    尾形秋生,松坂浩秀,谷口勇人,野本匡哉,野澤靖弘,福崎 稔,石井啓之,宇津圭祐,”地域内情報流通ネットワークの構築に向けた無線LANアクセスポイント装置に関する検討”,電気学会研究会資料通信研究会 CMN-015-007~022, pp.37-40, CMN-015-13,2015年6月