国際会議PDPTA’17(CSCE’17)において3件の研究成果を発表

【宇津研ニュース】2017年7月18日(火):

アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスの Monte Carlo で開催された、国際会議PDPTA’17(CSCE’17)における、Sustainable Networking Systems and Applications for Safe and Secure Societyのセッションにおいて、宇津研究室から以下3件の発表を行いました。4年生の徳永柊作さん、阿部満里子さん、西川修史さんがそれぞれ研究の成果を発表しました。

Shusaku Tokunaga, Ayami Manaka, Osamu Uchida, Keisuke Utsu,
“A Disaster-related Information Gathering Method by Focusing on Tweets Posted Immediately after Retweeting of News Posts about Kumamoto Earthquake”,
Proceedings of the 2017 Inter national Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA’17), pp. 196-202, Jul. 2017

Mariko Abe, Osamu Uchida, Keisuke Utsu,
“Operability Improvement of Twitter-based Safety Confirmation System for Disaster Situations”,
Proceedings of the 2017 Inter national Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA’17), pp. 203-208, Jul. 2017

Shuji Nishikawa, Yuuto Ohtsuka, Osamu Uchida, Hiroshi Ishii, Keisuke Utsu,
“A Web Application for Location Recording and Rescue Request Using Twitter”,
Proceedings of the 2017 Inter national Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA’17), pp. 209-215, JUl. 2017

本セッションは筑波大学、高知工科大学、東海大学の研究グループで合同開催されたものです。また、宇津が高知工科大学・岩田誠教授と共同で宇津が勤めました。
東海大学からは、宇津研究室の他に、情報通信学部通信ネットワーク工学科の山本宙准教授、情報理工学部情報科学科(湘南校舎)・内田理教授研究室の杢谷大成さん(大学院修士課程1年)、同研究室の船越寛人さん(大学院修士課程1年)、理学部数学科(湘南校舎)・山本義郎教授研究室の船山貴光さん(大学院博士課程3年)がそれぞれ研究成果をご発表されました。
また高知工科大学・岩田誠教授研究室より学生が3件の成果を、筑波大学からは三宮秀次助教がご発表されました。