国際会議IEEE TENCON 2015(マカオ)にて発表

11月1日から4日まで中国・マカオで開催された国際会議「IEEE TENCON 2015」のポスターセッションで研究成果を発表しました。

IEEE(米国電気電子学会)は、各国に会員を擁する電気電子・情報通信技術分野における世界最大級の組織で、電気通信関連の仕様の標準化などにかかわっています。IEEE TENCON はIEEEがアジア太平洋地域で毎年開催している国際会議で、電気電子・情報通信に関する幅広い分野の発表が行われています。

今回は発表したのは、尾形秋生さん(4年次生)、松坂浩秀さん(同)、谷口勇人さん(同)、野本匡哉さん(同)が中心となって取り組んだ、マルチホップ通信機能を持つ無線LANアクセスポイント装置開発についての研究成果です。尾形さんたちは、教育用に開発されたマイコンボードであるRaspberry Piを用いて、複数の無線通信装置同士を連鎖経由してデータを伝送していくマルチホップ通信機能を備えた無線LANアクセスポイント装置を開発。その過程と研究成果を、”Prototype Development and Performance Evaluation of Wireless LAN Access Points for Community Information Network”とのタイトルで発表しました。

尾形さんは、「海外での国際会議で初めて発表できたことは、たいへん良い経験になりました。今回の体験を生かし、今後もさらに研究を深めていきたいと思います」と話しました。

  • Akio Ogata, Hirohide Matsuzaka, Hayato Taniguchi, Masaya Nomoto, Ayami Manaka, Koichi Saito, Minoru Fukuzaki, Hiroshi Ishii, Yasuhiro Nozawa, Keisuke Utsu,
    “Prototype Development and Performance Evaluation of Wireless LAN Access Points for Community Information Network”,
    IEEE TENCON 2015, PID:524, Nov. 2015