国際会議 2nd ICISS 2015(ソウル)で2件の発表(石井研・宇津研)

12月14日(月)~16日(水)に韓国・ソウルで開催された、International Conference on Information Science and Security 2015 (2nd ICISS 2015) において、通信ネットワーク工学科石井研究室の小林桂さん(大学院修士課程2年次生)と、同宇津研究室の佐藤美那子さん(4年次生)がそれぞれ研究成果を発表しました。本会議では、情報科学とセキュリティ分野を中心に、各方面からの多くの研究者が発表を行っています。

小林さんは、モバイルアドホックネットワークにおいて安全に通信を行うための秘密分散方式についての研究を「Improvement of Secure Communication Method Using Secret Sharing Schemes over MANET」のタイトルで発表しました。発表を終えて、「国際会議での発表を通じて、他の参加者の方から有意義なご意見をいただくことができました。今後もさらに研究を深めていきたいと思います」と感想を述べています。

佐藤さんは、録画したビデオを公開するためのサーバの性能評価の方法についての研究を「A Testbed Experiment of the Server Selection Indicators for Pre-recorded Video Publishing」のタイトルで発表しました。発表を終えて、「はじめての海外での発表で緊張しましたが、自分の研究成果を海外で発表することができ良い経験になりました。」と感想を述べています。