テクニカルショウヨコハマ2017において研究成果の展示

【宇津研ニュース】2017年2月2日(木):
横浜市パシフィコ横浜で開催された神奈川県下の工業技術・製品に関する総合見本市「テクニカルショウヨコハマ2017」において、研究成果の展示を行いました。
今回は、To-collabo大学推進プロジェクト・安心安全(研究代表者:東海大学情報理工学部情報科学科・内田理教授)の活動の一環である、「Twitterを利用した災害時安否確認システム(T-@npi)」および、「災害報告・マッピングシステム(DITS/DIMS)」の展示を行いました。メーカー企業や地方自治体職員の方々が多くいらっしゃった中、研究のオリジナリティを公表できる良い機会となりました。